私には国際結婚は難しいなと感じた思い出のうち軽い方を紹介します。

出会いはマッチングアプリTinder
 昨年のG.W.のお話です。
せっかくのG.W.なのに予定がほとんどない私は、スマホでマッチングアプリTinderでひたすらスワイプしていました。

簡単にTinderの説明をします。詳細はいつか別の記事で。

Tinderとは、スマホ用のマッチングアプリの1つです。
位置情報を使用しており、設定した距離〇km以内の人が下のような画面で1人ずつ表示されます(基本的には皆、きちんと写真を登録しています)。

Tinder画面

連絡をとってもいいなと思える人が表示されたら、LIKEボタンもしくは右にスワイプするのです。
お互いスワイプし合うと、ようやくメッセージのやりとりができるようになります。
Facebookを利用しているので、直接知り合いが出てくることはないので安心です。


このTInder、システムの特性上プロフィール内容よりも写真で判断されます。なのでいくらスワイプしても相手がスワイプしたくなるような写真じゃないとマッチングしません。

私もほとんどマッチングしません。マッチングしても、反応がないことがほとんどです。
自分で一番良いと思う写真でさえこれだから、ブ男には厳しいアプリです。


出会った相手は韓国旅行者

今回のお相手は数少ないマッチング相手の一人。

写真を見ると、びっくりするくらい可愛いのです。目は大きくて顔も小さい、ショートヘアのアイドルにいそうな女性。メッセージ送っても返事が来ないパターンだなと思いながらプロフィールを見てみます。

すると、英語で「GW中日本に訪問中です。一緒に遊べる人探してます」と書いていました。

英語に自信はありませんでしたが、暇を持て余していた私は試しにメッセージを送ってみました。
私の英語力の幼稚さを見ていただくために、敢えて画面を載せておきます。

Tinder①

いろどり的翻訳(下の会話のつもり)

いろ「はじめまして。日本語話せますか?」
韓国「無理でっせ。うち韓国人でんねん」
いろ「そうですか。僕は日本人です。大阪でどこか行きたいところはありますか?」
韓国「動物園!動物好きでんねん」
いろ「いいね♪ 天王寺動物園や海遊館がとても良いよ!ジンベイザメは見ておくべき!」

Tinder②-1

いろ「1人旅ですか?」
韓国「いつ暇でっか?そう、1人でんねん」
いろ「今日か明日はどうでしょう?他の日はまだ予定が決まってないんですよ」

韓国「明日午後7時の晩飯前やったら暇でんねん。いけまっか?」

韓国子さんは、とんとん拍子で遊びに行く気で話を持っていきます。話の展開が早すぎて、私不安になりました。そもそも異国の地で、海外の人、しかも異性と会うのは不安じゃないのか?こんな可愛い子が。
色々と考えながら、次の返事を送るのでした。。

つづく




婚活ランキング