ブログには、今後も現在進行形の婚活や過去の経験を書いていく予定です。

色々手を出してきたつもりですが、
お世話になったものを上から数えると婚活パーティー、マッチングアプリ、そしてナンパが挙がってきますす。

今回はナンパについて書いていきます。

「出会い・婚活」としてのナンパってどうなの?

みなさん
普段街ですれ違って、あまりの綺麗さに思わず振り返った経験はありませんか?

そして、何事もなかったように前に向き直って歩き出す。
一生縁がないまま。どんな声かもわかりません。

そんな綺麗な人も一歩勇気を出せば、話ができる。
意気投合すれば、ご飯に行ける。
もしかしたら、お付き合いも。


ちゃらちゃらしていて、よくない印象をお持ちですか?
私はそうは思いません。

みんなはじめは知らない者同士。
婚活パーティーやマッチングアプリだってそうです。
職場恋愛や学生時代だって、きっかけが何であれ初めて話しかける場面はあったはずです。
出会いの場としては、延長線上にあると言っても過言ではないです。

決めつけは良くない

相手が急に話しかけられると驚くかもしれないから、そんなことしないですって?
逆に、驚かないかもしれませんよ?
話しかけ方も工夫してやれば可能性も下がります。

ちょうど、恋人とお別れして寂しい気持ちかもしれませんよ?
話を誰かに聞いてほしくて嬉しい可能性だってあります。
つまり、何事も決めつけはよくないのです。

そう考えることができれば、
「ナンパ」は間口が段違いに広い出会いの手段なのです。




私ナンパできません

ここまで偉そうに書いておきながら、
私ナンパできません。

ズコーっっ!!!
吉本新喜劇ばりのズッコケでしょう。

正しくは、今現在はある理由があってできません。

私は決して男前でもないただのデブです。
ナンパなんてしなさそうと言われるタイプです。

それでも
、ナンパきっかけで可愛い女の子とデートもしました。
お付き合いしたことも何度もあります。


今現在と、過去では何が違うのか。
また次回書いていきます。

つづく


婚活ランキング