杉田「去年離婚して、仕事もやめたんです」

突然の告白。


そして、お店選びの理由がわかりました。

杉田「今は貯金を切り崩して生活してます。」

杉田「だからさっき誘ってくれたお店は高くって。。」


早く言ってくれたら奢ったのに。
こんな話聞いたらどんなお店でも奢らなあかんやろ。ってなります。

こうして思い出すと、好感持てますよね。
はなっから奢ってもらう気の人だったら、最初の店にひょこひょこ付いてきてるでしょうし。


お金はないけど、掲示板で募集したのはどうしても飲みたい気分だったから。

他愛のない話しかしなかったですが、きっと離婚したり仕事やめたりでストレス溜まってたんやろうなあって思いました。
喧嘩別れだそうです。


あと覚えているのは、狭い個室だったからかな。
やたらと足が接触してきました。

わざとかな?

意識しちゃいます。


杉田「2駅隣りの駅で一人暮らししてるの」

なんて話すもんだから余計悶々としちゃいます。



でも、私は怖かった。
もし家にお邪魔したりしたら、そういう関係になって、
結婚を迫られる展開もあるかもしれません。


それは受け入れられませんでした。
当時20代半ばの私はお相手が30代の時点で20代とは違う大きな壁を感じましたし、
さらにバツイチは抵抗がありました。


2件目も誘えば行けそうな雰囲気だったけれど、
さっと奢って帰りました。

世の男性ならどうしたんでしょう。

出会い系の醍醐味:普段知り合えない人の人生を知れる。



婚活ランキング