今回はハッ〇ーメールの掲示板から


タイトル:ご飯行きませんか?
本文:今から居酒屋でお酒飲みましょう♪

「初めまして。〇〇駅あたりで飲みましょう。連絡先教えてください」

「はい、メールアドレスは××〇〇@△△です」

1通のポイント消費で連絡先を確保。
すごく、順調。

それも当たり前。
昨日のブログで書いたように、目的がはっきりしている人は話が早いのだ。

ここで断られるようなら、業者を疑うべき。
もしくは、割り切った感じを求めているのかもしれない。

ここで注意なのは、こちらが教えてるのは捨てアド。
私はヤフーメールを利用している。

間違っても、プライベートなアドレスを教えてはいけない。
まだ業者の可能性はゼロではないから。
リスク管理は大事である。




今回、約束の場所に現れたのは、杉田かおるさんを少しほっそりした感じの女性。
34歳。当時の私より10歳近く年上だ。
髪の毛は軽くウェーブがかり、色気があった。

年上の方が人生経験豊かで話していて楽しい。
きれいな感じの人だったから、期待は尚高まった。

気持ちの高まりを隠しつつ、平然とした雰囲気で声をかける。

い「こんばんは。よろしくお願いします」
杉田「はい。こちらこそよろしくお願いします。」

挨拶も早々に下調べしていたお洒落なバーを促す。

が、様子がおかしい。

杉田「ありがとう。でもそういうお店はちょっと。。」
い「ん?どうして?」

杉田「実は・・」


つづく



婚活ランキング